Jätä sisältö väliin
Puisto

Peace Park

2 paikallista suosittelee

Vihjeitä paikallisilta

健雄
健雄
September 14, 2016
You get to know sad, dark and terrible incident in human history. You could sink into deep thoughts.
Tomo
Tomo
August 29, 2016
原爆落下中心地公園北側、小高い丘にある平和公園は、悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めてつくられた公園です。 「平和祈念像」 長崎市民の平和への願いを象徴する高さ9.7メートル、重さ30トン、青銅製の平和祈念像。制作者の長崎出身の彫刻家北村西望氏はこの像を神の愛と仏の慈悲を象徴とし、天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”という想いを込めました。毎年8月9日の原爆の日を「ながさき平和の日」と定め、この像の前で平和祈念式典がとり行なわれ、全世界に向けた平和宣言がなされます。 「平和の泉」…

Majapaikkoja lähellä

  1. Koko huoneisto
  2. 3 vuodetta
【Uenomachi #201】1LDK 1組限定 専用駐車場有 平和公園・浦上天主堂すぐ
  1. Koko huoneisto
  2. 5 vuodetta
【浦上駅・路面電車から徒歩2分】原爆と平和・宗教の歴史が残るエリア【全てに近い立地】
  1. Yksityinen huone
  2. 3 vuodetta
3min walk from JR Urakami st. futon room.301
  1. Jaettu huone
  2. 1 vuode
Nagasaki 3min from JR Urakami st.FEMALE dorm01
  1. Jaettu huone
  2. 1 vuode
Nagasaki 3min walk from JR Urakami st.mixed dorm01

Paikalliset asukkaat suosittelevat myös

Museum
“If you want to know more about nuclear weapons, this is where to go. it has a lot of documents and information to grasp the whole picture. ”
  • 4 paikallista suosittelee
Kahvila
“トルコライスって食べれば食べるほど奥深いなーと感じました。 『ツル茶ん』とても歴史あるお店で料理の味も美味しいので、長崎を訪れた際にはぜひ寄ってみてほしいお店です。 ちゃんぽん、皿うどんに並び長崎の名物料理といえばトルコライスです。トルコライスは、ピラフとナポリタンスパゲティの上にとんかつを一つの皿に乗せたもので、地元民にもとても愛されている人気おすすめグルメです。”
  • 1 paikallinen suosittelee
Store
“Shinchi Chinatown for some traditional Chinese delicacies and architecture. Come in February for the Lantern Festival or September for the Mid-Autumn Moon Festival to see the area lit up with colourful lanterns. My recommended dish- Kakunin manju (Pork Belly in steamed bun) Biwa Icecream (Loquat-flavoured icecream)”
  • 2 paikallista suosittelee
Natural Feature
“標高333mの稲佐山。世界三台夜景に認定されたまばゆく光る町の夜景を楽しめる人気のスポットです。 山頂へはロープウェイで登ることができます。車がない場合、大波止付近~長崎駅付近のホテルからロープウェイ乗り場までの有料バスもでています。”
  • 2 paikallista suosittelee
Silta
“眼鏡橋(めがねばし)とは長崎市の中島川に架かる石造二連アーチ橋である。架橋時、琉球王国だった天女橋を除くと、日本初の石造りアーチ橋である。1960年(昭和35年)に国の重要文化財に指定された。 橋の長さは22m、幅3.65m、川面までの高さは5.46m。 1634年(寛永11年)興福寺の2代目住職、黙子如定(もくすにょじょう)が架けた。1648年(慶安元年)の洪水で損壊するが、平戸好夢が修復している。その他は高欄が破損して修復したと見られる形跡があるものの、流失することなく度重なる水害に耐えてきた。1982年(昭和57年)の長崎大水害では中島川の橋が流失したが、眼鏡橋は半分程度損壊するという深刻な被害を受けたものの流失は免れた。 修復のための部分解体調査で江戸期のものとみられる階段跡が左岸橋端から見つかったため、従来はスロープとなっていた橋端は階段へと変更された。橋端は1873年(明治6年)頃、人力車通行のために階段をなくしたものと見られる。ただし眼鏡橋は1948年(昭和28年)以後、車両の通行が禁止されている。 流出後、下流で見つかった石材については、復元時に再利用された。眼鏡橋の辺りは増水時の氾濫対策として川幅を広げる必要があったが、橋などの姿をなるべく残すよう、川幅や橋はそのままにして、両岸の地下に暗渠式のバイパス水路を設けることで解決した。この際、左岸側バイパス建設地の上から川の上にまで張り出した家屋や商店など46戸は約20年の交渉を経て全戸が移転し、跡地には歩道と街路樹が整備された。”
  • 2 paikallista suosittelee
Sijainti
Nagasaki, Nagasaki Prefecture 852-8118
Puhelin095-829-1171